FC2ブログ

すぐメモする。

調べたことの覚書など。北海道の家庭菜園日記もつけてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



Posted by rara on  | 

若くてもヒートショックに注意しなくてはいけません

寒くなってくると心配なのが、年取ってきた親が住む実家のお風呂。リフォームしていないので、古くからのタイル貼りのお風呂。冬は冷えてなかなか温まらない。

しかも親くらいの年代だと皆そうかもしれないけど、節約志向のためなのか脱衣所をファンヒーターなどで温めておくとかいう観念がない。

そうすると、ヒートショックの起きる危険も倍増ということで…。

そもそもヒートショックとは、温度差によって血圧の急上昇、急下降が起きてしまうこと。脳梗塞や心筋梗塞の原因となる。

一番風呂が好きで、しかも熱めのお湯に首までしっかり浸かるのが好きな人は特に要注意らしい。全く父に当てはまる。

しつこく危険性を話すと、両親なりに対策はしているらしい。浴槽の蓋を開けて浴室内を温めておくこと、シャワーだけの時も先にお湯を出して蒸気で温めておくようにしているそう。

また先にかけ湯をしっかりしているから大丈夫、と言う。なるほど、危険意識があるなら良かった。

ヒートショックは年配者だけの危険かと思いきや、若くてもなるらしい。太り気味の人、高血圧の人、糖尿病や予備軍の人は特に血圧調整がしにくいため危険とのこと。

関連記事



Category : about me
Posted by rara on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。