FC2ブログ

すぐメモする。

調べたことの覚書など。北海道の家庭菜園日記もつけてます。

グラウンドカバー イブキジャコウソウ



イブキジャコウソウ、毎年じわじわと広がって土をカバーしてくれる。
初夏に付くのは紫の小さい花。
タイムの種類で小さい葉なので、踏みつけにもまあまあ強い。
うちではブロックで作った花壇の外縁に茂らせて、無機質なブロックの印象を和らげてもらっている。

花が咲くとほのかにいい香り。
ミツバチもやってきて、小さい花一つ一つ丁寧に蜜を集めています。
雪の下でも強く、雪が溶けると緑のまま顔を出すので嬉しい。



スポンサーサイト
Posted by rara on  | 

グラウンドカバー リシマキア・ヌンムラリア



強くて砂利でもどんどん増えてカバーしてくれるのが、リシマキアヌンムラリア。
初夏に黄色い花をつけるのも可愛い。

にょろにょろ伸びて、どんどん根をつけるので、伸びて欲しくないところはむしり取っても平気。
ただ、葉が柔らかめなので、踏みつけられると傷んでしまう。通路には向かないと思う。

雪の下でも越冬するけれど、地上部の葉は大体茶色く枯れる。
春になると新しい葉を伸ばすので、茶色い古い葉や茎は取り除いてあげたほうがきれいに茂ると思う。
ただ構わずにいても自然と茶色い葉を緑の葉が覆い尽くすので、手がかけられない場所でも大丈夫。



Posted by rara on  | 

カサブランカの植え替え



自宅の花壇にあったカサブランカ。
母が好きなので2年前、実家に1つ移してあったけど、土が合わなかったらしく、去年の夏は細々としか咲かなかったとのこと。
うちにはまだ2つあるので、それも合わせて植え替えすることにしました。

ユリの球根は深めに植えてあるので、掘るのもちょっと苦労した。花壇から掘り起こしたら、すでにピンクの芽が付いていて、少し傷ついてしまったかも。

右端の小さいのが実家に植えていたもの。
2年前は同じくらいの球根だったはずなのに、痩せてしまったのか、うちのが大きくなったのか、かなりの差がある。

4/26 土に堆肥を混ぜ、増えすぎているアヤメか菖蒲ゾーンを縮小して確保したエリアにお引越し。
夏には3つとも元気に咲いてくれると豪華だなあ。




Posted by rara on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。